リンパのマッサージは効果が無い?

静脈とリンパの関係

簡単にむくみを解消するならラシックスなど専用の薬を服用することが望ましくなります。
ただ、ラシックスは錠剤の薬なので、副作用が起こることもわかっています。

 

そのために、薬は最終手段として、できるだけ普段の生活の中で改善を図ることが重要。

 

 

そこで、むくみの予防・改善にリンパマッサージがすすめられています。
むくみに悩んでいる人なら、リンパマッサージは聞いたことが有るかもしれませんが、下半身の静脈のうっ滞が多くのむくみの原因とされています。

 

そのために、下半身のリンパ筋をマッサージし、静脈の流れをよくします。
特に、浴槽に浸かり、温めることで、よりリンパが柔らかく、血液の循環も高まるために、効果が期待できるといわれています。

 

 

 

しかし、リンパをマッサージすれば、必ずむくみが改善できるわけではないそうです。

 

静脈とリンパは、心臓から動脈を経て、組織に到達した体液は組織を通り、静脈に90%、リンパ10%しか還流しない。

 

つまり、このようにリンパの働きは本質的には裏方として働いているだけなので、たとえ毎日のようにマッサージをしたとしても、完全にむくみの予防・改善にはつながらないということになります。

 

 

やはり、むくみを完全に解消するには、静脈の循環性し、無駄な水分を体外に排出することが重要になります。