リンパ管をマッサージ

リンパ管をマッサージすることでむくみの解消

短いスカートを履くときはいいのですが、夕方から夜になると後悔します。それは、ふくらはぎがプクプクになり、周りの目が気になってしまうからです。朝起きた時にむくみが起こらないのは、寝ている時に、体は横になっているために、血液の循環が良くなるために、むくみにはならない。

 

しかし、立ち仕事や座り仕事をすることで、血液の循環が悪くなり、下から上へ、血液を心臓に戻すことが難しくなることで、むくみが起こりやすくなります。

 

そこで、できるだけむくみを解消したいのが時間が開いた時にマッサージを行うことです。むくみの原因も色々ありますが、その一つとしては、リンパが絶えずゆっくりとした速度で働きながら、老廃物を体の外には排出しています。しかし、年齢や塩分、筋肉や神経などの影響で循環が悪くなり、血液が心臓に戻りにくくなり、むくみが起こりやすくなります。

 

そのため、マッサージをし、リンパの流れを活発にします。
ふくらの中央から、かかとにかけてリンパ管が通っているので、集中的にやさしく揉むことが大切になります。コツとしては、一時的に揉むのではなく、定期的に揉むことが重要になります。