尿を排出する効果

尿を貯めこむためにむくみに

むくみはほんとうに辛い悩みです。朝仕事に行くときはなんともないのですが、仕事をしてから、変えるときにはふくらはぎが重苦しくなり、歩くのが本当に辛くなる・・・。なおかつ、重たいだけでなく、見た目もかなり太くなっているのが分かるんですね。これが浮腫みのの嫌なところなんです・・・。

 

男性よりも女性の浮腫みの発症率が高く、8割の女性がむくみを”感じたことがある”というツライデータが出ています。つまり、国内の女性の約2500〜3000万人の女声がむくみの悩みを抱えている・・・。

 

そこで、この辛い悩みを解消してくれるのがむくみの薬「ラシックス」なんですね。

 

ラシックスの効果

ラシックスは、もともと「むくみ専用の薬」っとして開発されたわけではありません。肝臓に作用することで、水分の流れを良くする、つまり、尿量を増やす役割があります。

 

ラシックスは商品名で、主要成分にフロセミドが含まれているために、この成分が効果を発揮してくれます。むくみの薬にもそれぞれの効果があるのですが、ラシックスの場合は「ループ性利尿剤」。

 

体内に水分、尿量を貯めこまず、排出することが、むくみ改善に効果があります。

 

むくみの原因としては、同じ姿勢を長時間続けること。椅子に座りパソコンを使っていたり、立ち仕事をすると、血流の流れが悪くなり、一時的な高血圧がお降ります。すると、ふくらはぎの静脈のポンポ機能が低下してしまい、水分が染み出してしまい、皮膚の下の細胞外に染み出してしまいます。

 

つまり、これが浮腫になるわけですね。

 

そのために、ラシックスを服用することで、水分の流れが良くなるために、貯めこまずに尿として排出してくれるわけです。

 

これがラシックスのむくみに対する効果になります。