ポンプ作用を強くするために足を鍛える

足を鍛える

むくみは女性が起こりやすいといいます。
ある統計によると、20〜60代の女性の8割以上の女性はむくみに悩まされているといわれ、男性の場合はさほどむくみに悩まされたことがないそうです。これは男性よりも、女性は筋力が弱いからだそうです。特に下半身の脚が大きく関係してきます。

 

下股の筋肉が少なくて弱い女性、これは筋肉量が少ないと代謝が悪くなってしまいます。すると、心臓から、血液を静脈から流し込むときに、下股の筋肉からポンぽの働きをしているのですが、その筋肉量が少ないと、ポンぽ機能が減少してしまい、スムーズに流れることができなくなり、結果的に、高血圧となり、むくみになるわけです。

 

そのために、一つの要因として足の回りの筋肉を、ある程度は鍛えたほうが良いということになります。しかし、むくみを解消するために、ムキムキの筋肉にするほどではないと思いますが、普段から、ちょっと歩くことが大事になると思いますね。今まではエレベーターやエスカレーターを使っていたところを、あえて歩く。こういったちょっとしたことを行うことでも違ってきます。

 

特に、仕事がらデスクワークを行っている女性で、筋力が弱い人などがむくみになりやすいので、ちょっとした筋力を鍛えるだけでも、むくみを改善する役割をはたしてくれると思います。

 

 

ページの上へ